車の売却にはどんな方法がありますか?

オークションへの出品や個人的な取り引き、ディーラーによる下取り、買い取り専門店の利用など、中古車を売却するためには、いろいろな種類の方法があります。それらの中から、どの手段を選択するにしても、売却金額の相場を理解するのが大切なことに違いはありません。
中古車の取り引き相場に関する理解が浅いと、相場よりもかなり安い金額で買いたたかれたり、的外れに高額な売却金額を希望して、待てど暮らせど、買い手がつかなかったりするなど、さまざまな問題を引き起こすことにもなり兼ねませんので、注意する必要があります。例えば、買い取り専門店を利用する場合、店舗によって、買い取り金額に違いがあるケースは少なくありません。それらの中から、少しでも良い条件を提示するお店を見つけ出すには、なるべく多くの業者に見積もりを依頼して、査定金額を比較することが大切になります。また、先ほど述べたような売却方法には、それぞれのメリット、デメリットがありますので、それらを理解した上で、自分の適性、ニーズ、希望条件に合ったものを選ぶことが大事です。例えば、ディーラーへ下取りに出す方法は、中古車の売却と、新車の購入を、同じ業者で行なうことができ、別々の業者を利用するのと比較して、手続きをするためのエネルギーや時間が少なくて済むという利点があります。
また、新車の購入を条件として、交渉を進めれば、下取り金額を上乗せしてくれる可能性もあります。ただし、在庫としての保有期間や中古車販売市場に関する知識、販路の多さなどといった条件の違いにより、ディーラーによる下取り金額は、専門業者による買い取り額よりも低くなる傾向にあると言われています。例えば、買い取り店と比べて、ディーラーの場合、在庫の保有期間が長いために、駐車スペースの確保や、メンテナンスなどのための費用がかさみ、ひいては、高い下取り金額を提示するのが難しくなるという問題があります。

埼玉県 もちょくろ様からのご質問です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加