カスタマイズカーはどのように売却するのが良いですか?

世の中には、高価な内外装パーツ、高性能なチューニングパーツなどによって、自分の趣味、趣向に合うようカスタマイズされた、改造車と呼ばれる車両も存在します。その種のクルマとしては、エアロパーツや大口径ホイールによるドレスアップ車、ラグジュアリーカー、VIPカー、車高調やマフラーでチューンアップされた自動車などが挙げられます。そのように、ノーマルのコンディションから、社外パーツなどによって変更の加えられたクルマは、買い取り業者に査定を依頼すると、一般的な車両と比較して、見積もり額が大幅に低くなることが多いそうです。
通常の場合、業者によって買い取られたクルマは、オートオークションに出品された後、中古車販売店によって落札され、再版されることとなります。そのように、不特定多数の消費者をターゲットとして再版される車両には、個性の強い改造車よりも、汎用性の高いノーマル車に人気が集まるのは容易に想像がつくでしょう。つまり、自分好みのスタイルに改造すればするほどに、世間的なニーズは下がり、買い取り価格が低くなってしまう傾向にあります。ただし、エアロなどの外装パーツが、高級ブランドのもので統一されていたり、高性能のアルミ、マフラーが装着されていたり、社外パーツが、単体で価値のあるものだったりすると、ノーマル車よりもむしろ、高値で査定されるケースが存在します。
そして、改造車を少しでも高く評価してもらうためには、一般的な買い取り店よりも、改造車専門店や輸出業者を利用することをおすすめします。それら二種類の業者には、買い取った車両を、次の顧客へ直接販売することのできるルート、改造車を査定するノウハウを有するという、共通した強みがあります。ただし、専門店や輸出業者は、一般の買い取り店よりも数が少ないという問題点があります。その問題を解消するためには、屋外へ出向かずに利用できる、オンライン上の見積もり比較サイトの利用がおすすめです。
【熊本県 HAPPY★BOY 様からのご質問です。】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加