投棄された車の処分について解説します

自宅や、自らの経営する会社の敷地内に、使わなくなった自分の車両を放置したり、見ず知らずの人によって、クルマが不法投棄されるというケースも存在し得ます。そのような状態を放っておくと、時間が経過するにつれて、汚損や破損の程度がひどくなり、周囲の美観を損ねることとなります。そうした状況になると、特に、自宅で商業を営んでいる場合などには、商品の売れ行きや店の評判にも悪影響を及ぼしてくるおそれがあります。
また、放置車両が存在することにより、セキュリティ上の問題もあるのではないかと思われます。それらのリスクを軽減するために、放置車両を処分したいと思っても、何しろ、自動車ほどの重量、体積のある物体ですから、拾ってごみ箱へ捨てるという訳にもゆきません。また、たとえクルマを移動させるための手段を持ち合わせていたとしても、車両を売却するためには、本体だけではなく、鍵や実印、車検証などといったものを準備することが必要となります。したがって、持ち主が家族などの場合には、事情を話して、それらのものを用意してもらうよう、依頼するのも良いでしょう。ただ、持ち主の分からない車両が、無断で放置されるという事例もあり得ます。
そのような場合、売却することは諦めて、撤去するよりほかに無いものと思われます。とは言うものの、撤去するためにも、それなりのエネルギーや時間、コストが掛かることは覚悟しておかなければなりません。まず、警察に相談して、ことの経緯を説明し、事件性が無いかどうかをチェックしてもらうことが必要となります。放置車両にナンバーが付いている場合、その情報から、持ち主を割り出すことができる可能性もあります。そして、持ち主が分かったら、内容証明などを送り、裁判の判決を待って廃車の手続きをする運びとなります。こちらは、なかなか難しい作業ですので、それなりの負担をすることを余儀なくされるのは覚悟しておかなくてはいけません。
また、廃車の手続きをするには、廃車買取業者のサイトを利用してもいいでしょう。このようなサイトはどんな車でも買い取ってくれますし、無料で手続きをしてくれます。お金にならないと思っていた廃車に高値がつくこともありますので、廃車にお困りならぜひご利用下さい。
参考:車を処分したいときに役立つ【廃車手続き】のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加