なぜ買取店によって価格に差が生まれるのですか?

かつては、中古車を売却するための方法として、ディーラーによる下取りを選択するケースがほとんどでした。しかしながら、近年になって、消費者は、インターネットオークションへの出品やオークション代行、ディーラーや中古車販売店での下取り、引き取り、買い取り専門店の利用など、さまざまな売却方法の中から、任意のものを選択することができるようになりました。そのような状況の中で、ディーラーの提示する下取り金額と、買い取り専門業者による見積もり額を比較して、査定の高い方を利用したいと考える人も少なからず見受けられます。そうした方法を実践する場合には、提示された金額の持つ意味を、誤解することのないよう、注意する必要があります。
例えば、買い取り店には、それぞれの得意とする車種があり、買い取った後の流通経路も、店舗によって異なっています。その内、買い取り後の流通経路としては、店頭での再販やオークションへの出品、海外への輸出などが挙げられます。そのように、得意分野や流通経路が異なるため、クルマの買取価格にも、それなりの差異が生じてくることとなります。そして、クルマの価値そのものは変わらなかったとしても、買い取りをする業者スタッフの思惑によって、低い見積もり金額が提示されることもあります。オークションなどの売却先における相場から、利益を差し引くことにより、買い取り価格は算出されます。そこで、少しでも多くの利益を上げるために、買い取り価格をなるだけ低く設定しようとする意識がはたらきます。
それらの事情を考慮に入れると、最初から一社に決めて掛かるのではなく、複数の、なるべく多くの業者に見積もりを依頼し、価格競争をさせるのが大切だということをお分かり頂けるでしょう。それらの方法を実践するためには、屋外の店舗を一軒一軒あたるという選択肢もありますが、負担する手間暇や費用の観点から見れば、一括査定サイトの利用がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加