買い取られた車の行き先は?

巷には、業者によって買い取られたクルマが、その後、どのように流通し、行き先は何処なのか、という疑問を持つ人も見受けられます。かつては、クルマはいったん購入したら、修理をすることができなくなるまで乗り続けるという、いわゆる乗り潰すというスタイルが一般的でした。そういった自時代には、市場にコンディションの良い車両が出回ることは少なく、中古車を購入してからも、ある程度の修理しなくてはいけないのを覚悟する必要がありました。
しかしながら、現在では、自動車の製造技術が進歩し、性能や耐久性が向上してきています。そういった状況の中で、中古車だからと言って、壊れやすいという考え方は廃れて来ております。今では、中古車に対する信頼度が高まり、一定の評価を得るようになってきたのです。そして、クルマの使用者も、自分の所有する車両を、少しでも高い値段で売却したいと考えるようになってきました。そうした中、中古車の買い取りという、新たな業態が登場することとなりました。
中古車の中でも、年式やコンディションが、再販可能なレベルにあるものは、業者によって買い取られた後、店頭で販売されることもあります。しかしながら、こちらはスペースの問題により、あまり現実的な方法とは言えないため、全国各地で開催されている、オートオークションへ出品されるのが一般的です。その後、中古車販売店によって落札され、再び販売されることが多いようです。また、かなり低年式のクルマなどは、多くの場合、国による指定を受けた設備で、フロンの回収や樹脂部分の粉砕・再利用、鉄やアルミのリサイクルといった処理がほどこされるそうです。ただし、車種によっては、年式が低くても、輸出される場合があります。例えば、ハイエースなどのワゴン車、ランクルなどといったオフロード車は、古くなっていても、国産車の方が、外車よりもかなり今ティションが良いため、海外における需要が高いと言われています。マツダの名車・ロードスターも海外からの人気がかなり高いですね。このような車は中古車サイトにもよく掲載されています。ロードスターはカーセンサーやちょっとマイナーですが車選びというサイトに多く掲載されています。中古車サイトに載っている車も誰かが売却した車なのです。
【静岡県 ももんがポン 様からの質問です。】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加