車の査定について

少しでも高い金額で、中古車を買い取ってもらおうと考えるのであれば、査定士がチェックするポイントを知っておくことも大切な条件となります。それらのポイントを押さえ、交渉可能な部分に関して、上手に話を進めることにより、見積もり金額がアップすることもあり得ます。査定する車の部分には、さまざまなバリエーションがありますが、まず最初に、査定担当者は、車種や年式、グレードをチェックすると言われています。
これらの条件は、所有者の意思によって、どうこうなるものではない部分になります。そういった事情から、これらが、まず、買い取り価格の目安としてはじき出されることとなるのです。そして、買い取り価格は基本的に、オートオークションの取り引き金額を目安にして決められますが、当然のことながら、それよりは安い値段で買い取らないと、業者の収益が無くなってしまいます。したがって、先ほど述べた条件から、目安になる金額をはじき出した上で、上限となる価格までの範囲内で、交渉を進めることとなります。ここで注意しておきたいのは、先述のように、車種やグレード、年式は、所有者の意思で変更することができないため、これらの条件で粘ったとしても、交渉する余地は少ないということです。それでは、どこで交渉を進めるべきかというと、反対に、「所有者の意思でどうにかなる部分」ということになります。
そうした条件としては、走行距離や事故歴の有無などが挙げられます。例えば、日ごろから丁寧にメンテナンスしてきたことを熱く語ったり、整備手帳を見せて、嘘が無いことを証明したり、事故歴が無いことをアピールしたりするのも良いでしょう。その内、走行距離に関して言えば、総距離はもちろんのこと、年間の平均的な走行距離と比較して、少ない場合には、査定金額が上がる可能性があります。ただし、メーターの巻き戻しなどは、違法行為ですので、くれぐれもしないようにして下さいね。
【三重県 段吉はちべえ 様からの豆知識投稿です。】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加