人気車種・不人気車種ってあるんですか?

車種によって、買い取り価格の変わってくるケースは、中古車市場に於いて数多く見受けられます。中古車の買い取り価格は、基本的に、人気やコンディションによって決定されると言われています。とは言うものの、市場における車種やボディカラーの人気度は、需要と供給のバランスの上に成り立っていることを忘れてはいけません。つまり、それら二つの条件のバランスが取れた、リセールスバリューの高いクルマほど、高値で査定される可能性が高いということになります。
また、クルマの種類や色の他に、装備やグレードも重要な判断基準となります。また、人気の高い車種だからと言って、必ずしも高い値段で取り引きされるとは限りませんので、注意する必要があります。例えば、人気車種の中でも、新車の販売台数が爆発的に多いものは、車検の時期を境にして、中古車市場へ大量に出回る可能性があることは否定できません。そういった経緯から、供給過多の状態になると、やはり、それなりに低い査定金額が提示されることとなります。また、中古車の市場には、買い取り額が不安定になる傾向がある、不人気車と呼ばれるクルマも存在します。こちらは、知名度が低く、マイナーであったり、欠陥や不具合が多く、コンディションが悪かったりするクルマになります。ただし、それらのクルマが、間違いなく低値で査定されるとは言い切れません。
例えば、個性の強いデザインのクルマや、自分好みのスタイルに改造された車両は、一般的には不人気であるものの、一部のマニアックなユーザーには、絶大な支持を受けることもあります。また、先ほども述べたように、中古車市場では、需要と供給のバランスが価格決定のカギになります。そういった事情を考慮に入れると、たとえ不人気車であったとしても、市場に出回る台数が少なければ、希少価値があるとみなされ、高値査定につながる可能性がありますので、気になる人は、関連情報を調べてみるのも良いでしょう。
【京都府 Terakado 様からのご質問です。】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加