車を高く売る方法について

どうせ愛車を手放すのであれば、少しでも高い値段で売却したいと考えるのが人情というものでしょう。世の中には、新車を購入した時の値段に、少しでも近い金額で売りたいと言う人が多く見受けられます。そのような願いを叶えるためには、個人的に中古車を売却するのもひとつの選択肢になります。こちらの方法では、ディーラーへ下取りに出したり、買い取り専門店を利用したりするのと違って、業者に中間マージンを取られることがありません。
そういった事情から、売り手にとっては、買い取り業者による査定金額の相場よりも、高い値段で取り引きをすることができる可能性が出てきます。また、買い手にとっても、中古車販売店の相場よりも、安い値段でクルマを手に入れることができる可能性があります。そのように、クルマを個人的に売却する方法としては、インターネットオークションの利用や、知人への売却といったものが挙げられます。その内、ネットオークションでは、不特定多数のユーザーに対して、情報を発信することができるので、知人と取り引きするよりも、買い手が早く見つかる可能性が高い、というメリットがあります。
ただし、友人や恋人、学校のクラスメイト、職場の同僚、コミュニティーサークルの仲間、親戚、家族などと比べて、見ず知らずの人と取り引きをする時には、信頼度の面でディスアドバンテージがあるのは否めないでしょう。そういった問題から、思わぬトラブルへと発展したり、予期せぬ損失をこうむったりすることもあり得ますので、注意する必要があります。例えば、車両を引き渡したのに、代金を支払ってくれなかったり、名義変更の手続きをしてくれず、自分の所へ納税の請求が来たりするなどといったことがあり得ます。また、購入する側の人間にとっても、クルマを手に入れた後、実は事故車だったことが判明した、などの問題が起こる可能性があります。また、オークションの場合、ある程度時間の余裕を持って臨むことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加