車の買取トラブル事例

皆さんの中には、買取専門店を利用して、自らの所有する中古車を売却したいと考えている方がいらっしゃるかも知れません。ディーラーへ下取りに出すのと比較して、買い取り店を利用すると、クルマを高く売却することができるケースが多いと言われています。また、複数の業者に査定を依頼して、提示された結果を比較、検討すれば、より一層良い条件での取り引きができる可能性は高まることでしょう。
ただし、その種の業者は、決してボランティアをしている訳ではなく、営利目的の事業を行なっているということを忘れてはいけません。そういった事情から、顧客のメリットや満足度よりも、自分の営業成績、自社の利益を優先させ、セールストークを繰り広げたり、強引に営業をかけたり、しつこく勧誘したりするスタッフも存在しますので、注意する必要があります。そうした業者に引っ掛かると、相手のペースに乗せられたり、勢いに流されたりして、不本意な契約をすることとなり、余計な金銭的デメリットを被ったり、思わぬトラブルに巻き込まれたりすることにもなり兼ねません。そのような事態に陥るのを防ぐには、業者スタッフとの直接交渉へ臨む前に、インターネット上の見積もり比較サイトなどを利用して、買い取りを希望する店舗の、大まかな候補を絞り込んだり、買い取り金額の相場感覚を養ったりしておくのも良い方法です。
それらの予備知識を蓄えることにより、的外れな条件を提示する店舗へ足を運んで、余計なエネルギーや時間、コストを消耗したり、業者スタッフから経験、知識の浅さを見抜かれて、相場よりもかなり低い金額で買いたたかれたりするのを防ぐことが可能となります。また、それらの情報を収集しても、まだ不安が残ると言う人は、中古車の売却に関する経験、知識の深い知人や識者、専門家に、業者との交渉への同行を依頼し、必要に応じて助言、アドバイスを得たり、スタッフの暴走を止めたりしてもらうという選択肢もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加